タイトルロゴ

※contents

Tシャツの歴史

広告としてのTシャツ

いろいろなTシャツ

オリジナルTシャツとは

オリジナルTシャツとは

 

 

 
   広告としてのTシャツ

広告としてのTシャツ・・・分かりますか?多分この言葉を聞いただけではパッとしない人もいると思います。例えば、企業の広告をTシャツに書き込んだ物だったり、デザイナーとしての名前を売る為にイラストと共に自分の名前を入れたTシャツを作成したり、色々な物があります。それとは別に、企業などの社名を少し変えた(面白い方にね)パロディーTシャツなども70年代に流行ったそうです。

今でもパロディーTシャツは民衆の間で広く親しまれています。70年代にはまだパロディーTシャツの枚数は普及していなかったので、パロディーTシャツを着ることにより、その人の思想などをアピールする物としても扱われていましたが、時代の移り変わりと共に、パロディーTシャツも大量生産されるようになり、これらのイメージはかき消されて軽薄な物となっていきました。

 

    アートTシャツの出現

現代に通ずるアートは、Tシャツと共に発展していったとしても大げさではありません。

時代を駆け抜けたアーティスト達は、Tシャツと共にその栄光を不動の物としていったのです。これらの理由として、TシャツをアートTシャツとしたことが始まりだとされています。Tシャツというのは、デザイナーがアートを表現する媒体としては恰好の表現材料だったと言われているからです。これらアートTシャツが世に出回ったのは70年代からで、そのころ活躍していた数々のアーティスト達は、自分たちが描いたイラストなどをTシャツにプリントして世に羽ばたかせていたのです。

Tシャツにプリントしていたアーティストとして名高いのは、今でも変わらぬ人気を誇っている「キース=へリング」ですね。彼は、Tシャツだけでなく、様々な生活用品、日常雑貨に自分の描いたイラストをプリントして販売していました。これらアートTシャツの文化は、アメリカだけに止まらず、日本でもアニメや漫画のキャラクターなどをTシャツにプリントしたりして、これらの文化を引き継いでいます。

今や、デザイナーやアーティスト達が、自分自身のファッションブランドを立ち上げるというのも別に珍しいことでは無くなってきました。というか現代を生きる自分たちにとっては、これが普通なのかも知れません。Tシャツは今や世界の中でも大きなマーケットとなって情勢を動かす存在になっていったのです。

 

 

    Tシャツは主張

Tシャツは存在が誕生して以来、実に多くの女優、男優、著名人、アーティストやミュージシャン、そして民衆に愛されてきました。

そして、Tシャツは、多くの人のスタンスやスタイルなどを主張する物として人々の間に浸透していきました。
Tシャツというのは、非常に影響力を秘めたアイテムだと言うことをここでは知っておいて欲しいのです。例えば、ユニフォームもTシャツですよね。これを見ただけで「サッカーのチーム」とか「野球のチーム」とか、一目見て分かりますよね。これも立派な主張なのです。

これらのように、着ているだけで色々な事を想像させるような力をTシャツは持っているのです。

Favorite

キレイモ脱毛ナビ
https://kireimo-navi.com/

Last update:2017/5/30