タイトルロゴ

※contents

Tシャツの歴史

広告としてのTシャツ

いろいろなTシャツ

オリジナルTシャツとは

オリジナルTシャツとは

 

    Tシャツの歴史

Tシャツの歴史!Tシャツ好きはまずここから入らないと始まらないでしょう!というかここを知らないと真のTシャツ好きとは言えませんのでしっかりと見ていって下さい。

Tシャツは、今はファッション目的として愛用されていますが、昔はそうでは無く、スポーツウェアとして開発された衣類だそうです。因みに生まれたのは大体80年ほど前だそうです。また、Tシャツは元々男性用下着としても愛用されていたのですが、時代の移り変わりと共に、女性にも好んで着られるようになったようです。レディースファッションではTシャツのバラエティにとんだデザインやラフにスタイルを変えられるところから、レザージャケットやスカジャンと合わせてちょっとブラック・ロック系にしてみたり、レディースカジュアルなスタイルには人気の定番になっています。

現代でも学校の体育の授業などでは学年Tシャツを使っているところもあるようです。オリジナルデザインのクラスTシャツはイベントなどでも広く用いられ、一体感を作るアイテムとして人気です。そしてクラスTシャツは思い出の品になったりもするのですね。

ファッションとしてのオリジナルTシャツはいまや色々な国の画家やイラストレーターのキャンパスです。オリジナルTシャツは公式のグッズなどにも良く使われています。

少し悲しい話なのですが、Tシャツの需要を一気に広めたのは、第一次世界大戦と第二次世界大戦だと言われています。何故なら、戦時中に、Tシャツが米軍の公式下着として採用されて、それから戦争が色々と起こり、アメリカが勝利を収めていき、そしてアメリカの文化などが世界に広まり必然的にTシャツの需要が増えていったと言うことです。

少し悲しい話ですけど、この戦争が無ければTシャツはここまで普及していなかったかも知れないのですから、皮肉な話ですよね。。。

 

    綿100%の着心地

Tシャツが全世界で最も人気のある衣類となっていった背景と要因としては、綿の存在が大きいとされています。綿は、肌触りと言い優しさと言い、麻やリンネルとは一線を博した衣類には理想的な素材なのです。そして、この綿の生産率はアメリカが世界最高水準を誇っており、この生産高からも分かるようにTシャツの生産に綿が使われていったというのは言うまでもありません。

 

   加工技術の発達

今のTシャツの加工技術に至るまで、実に色々な加工技術が生まれ、廃れ、そして発展し続けてきました。

Tシャツプリントの加工技術としては、ステンシル印刷、シルクスクリーン印刷などがあり、今は殆どのプリント製品がこの方法になっているようですね。最近では業者だけでなく、自分自身でも簡単にプリントできるようになり、パソコンなどで作った画像などをそのままTシャツにプリントできるようにまで発展しました。これらの加工技術の発展により、Tシャツというアイテムが更に身近な物になり、Tシャツが生れたのは 言うまでもありません。

デザイナーも気軽に自分のイラストなどをTシャツにしてアピールするようになったことも、加工技術の発展に繋がったと言われています。つまり、企業と民衆、二人三脚で共に成長してきたと言うことですね。また、Tシャツに合わせるファッションアイテムも二次発展につながっています。アクセサリーやアメカジファッション、サングラスなどの通販サイトやショップも増えており、大きな市場の発展に繋がったともいえるでしょう。

Valuable information

2019/1/30 更新